「日本列島360」 羽田発セントレア行 昼夕夜シーン360度動画3本

「日本列島360」 羽田発セントレア行 昼夕夜シーン360度動画3本

  • ダウンロード商品
    default
    ¥ 900

360度動画「日本列島360」 日本の上空を飛行する360度動画(CG)です。 Oculus Goでの利用がオススメです。 動画ファイル自体をOculusGo本体に保存しておくことでオフラインでも高画質で体験して頂けると思います。(Go布教に最適) OculusGoのギャラリーで見ると自動的にループ再生されますので、ぼーっと眺めるのが良きです。(鼻部分から光が入るのを防ぐとより浸れます) ・羽田上空から中部国際空港上空までを5分で飛行します。 ・高度は約8000メートルです。 ・昼間、夕刻、夜間の3バリエーションがあります。 PCやその他のHMDでももちろん閲覧できますが、色味や明るさをOculusGoに合わせています。(例えばOculusRiftで見ると若干白っぽく見える場合などがあります) <Oculus Goで閲覧するおススメの方法> 1. OculusGoの内蔵ブラウザでこのページを表示する。内蔵ブラウザ上で「voxelkei.booth」で検索すると出てきます。 2. ページ上のダウンロードボタンでダウンロードする。 3. OculusGoの「ギャラリー」→「内部ストレージ」を開くとダウンロードした動画が出てきます。 <動画ファイル詳細> 解像度:3840x2160ピクセル(equirectangular形式) フレームレート:60fps コーデック:H.265 (28Mbps) ファイルサイズ:約1GB ×3本 動画の長さ:5分×3本 <ライセンス> クリエイティブ・コモンズ 表示-非営利 4.0 国際 (CC BY-NC 4.0) 動画の一部をそのままもしくは背景として加工してSNSへアップするなど個人利用の範囲であればご自由に使って頂いて構いません。 The star field is based on the Milky Way panorama by European Southern Observatory(ESO). 作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の基盤地図情報を使用しました(承認番号 平28情使第555号)

商品の発送について
倉庫から発送

BOOTHの倉庫から配送される商品です。入金が確認され次第、発送されます。

自宅から発送

出品者自身が梱包・配送します。「発送までの日数」は、BOOTHでの入金確認が完了してから商品が発送されるまでの予定日数です。
あんしんBOOTHパック で発送予定の商品は、匿名で配送されます。

ダウンロード商品

入金が確認された後に「購入履歴」からいつでもダウンロードできるようになります。

pixivFACTORYから発送

pixivFACTORY が製造・配送する商品です。入金が確認され次第、製造されます。

360度動画「日本列島360」 日本の上空を飛行する360度動画(CG)です。 Oculus Goでの利用がオススメです。 動画ファイル自体をOculusGo本体に保存しておくことでオフラインでも高画質で体験して頂けると思います。(Go布教に最適) OculusGoのギャラリーで見ると自動的にループ再生されますので、ぼーっと眺めるのが良きです。(鼻部分から光が入るのを防ぐとより浸れます) ・羽田上空から中部国際空港上空までを5分で飛行します。 ・高度は約8000メートルです。 ・昼間、夕刻、夜間の3バリエーションがあります。 PCやその他のHMDでももちろん閲覧できますが、色味や明るさをOculusGoに合わせています。(例えばOculusRiftで見ると若干白っぽく見える場合などがあります) <Oculus Goで閲覧するおススメの方法> 1. OculusGoの内蔵ブラウザでこのページを表示する。内蔵ブラウザ上で「voxelkei.booth」で検索すると出てきます。 2. ページ上のダウンロードボタンでダウンロードする。 3. OculusGoの「ギャラリー」→「内部ストレージ」を開くとダウンロードした動画が出てきます。 <動画ファイル詳細> 解像度:3840x2160ピクセル(equirectangular形式) フレームレート:60fps コーデック:H.265 (28Mbps) ファイルサイズ:約1GB ×3本 動画の長さ:5分×3本 <ライセンス> クリエイティブ・コモンズ 表示-非営利 4.0 国際 (CC BY-NC 4.0) 動画の一部をそのままもしくは背景として加工してSNSへアップするなど個人利用の範囲であればご自由に使って頂いて構いません。 The star field is based on the Milky Way panorama by European Southern Observatory(ESO). 作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の基盤地図情報を使用しました(承認番号 平28情使第555号)